ようこそ。がん患者さんの看病をしている人のサポート協会へ

看病しているあなたを 支えたいから。

がん患者さんのご家族・看病をしている人のつらさや不安をいやすために、プロのボランティアが「ハンドリフレ」をしたり、「お話を聞く」という活動をしています。

誰にも言えない悩みや苦しみが少しでも軽くなるよう、私たちが寄り添います。

 

 

 



この協会について

大阪府八尾市を拠点に「がん看病家族」を多方向からのサポート支援するボランティア団体です。

こんな活動です

看病をしている方々のお役に立てるよう、さまざまな活動を行っています。

支援に支えられて

みなさまの温かい支援金によって、質の高いボランティア活動を行うことができています。


ニューストピック


がん家族の保健室を開催中

(電話でのお話・相談も可です)

 

 

がん家族が気軽に相談できる場所「がん家族の保健室」がスタートします。

■コンセプト

「あなたは一人じゃないですよ」をスローガンに、がん患者さんを看病している人の気持ちが取り戻せる場所。

 

■プロダクト

プロボラ(ボランティア)が3チームに分かれてがん家族の要望に応えます。

 

1、small piece hug チーム

傾聴や相談にのらせていただきます

 

2,  small piece gift チーム

がん家族の「知りたい」に応える、簡単なレクチャー時々ハンドマッサージを致します

 

3, small piece map チーム

がん患者・家族の便利なことを全国に広げる・発掘・販売致します

 

 

がん家族の方々は、じっくり話をきいたり相談に乗って欲しいと思っている方から、簡単にリラックス・気分転換をしたい方まで、ニーズが様々です。

そんな細かなニーズにお応えできるように「がん家族の保健室」では

ボランティアがニーズごとのセクションでサポートを致します。

 

 

 

会場である古い会館の1室の近くには、紫陽花が咲く小川があったり、小さな商店があります。

晴れた日には外で散歩をしながら看病の辛さや不安なお話をしてみるのもいいかもしれません。

別の日にはハンドマッサージを受けながら、自分の気持ちに向き合うのもいいかもしれません。

そんな、がん家族の思いをほぐすことのできる場所ですので気軽にお越しください。

 

「がん家族の保健室」は無料でご利用いただけますが、会場には募金箱を設置しています。

 

 

「がん家族の保健室」の開催は当分、月1回を予定しています。

 

スケジュール

1回目:5月15日(火曜) 終了しました

2回目:6月11日(月曜) 終了しました

3回目:7月31日(火曜) 終了しました

4回目:8月21日(火曜)    終了しました

5回目:9月18日(火曜) 終了しました

6回目:10月29日(月曜)終了しました

7回目:11月13日(火曜)終了しました

8回目:12月 4日(火曜)13:00~16:00

2019年度の開催日は12月中に発表いたします。

 場所: 「安中会館」

大阪府八尾市安中町1丁目6番16号

JR八尾駅より徒歩4分 ケーキ屋さんとほっかほっか亭のとなり

 

駐車場:近くにコインP有     

 

予約について:

①ハンドマッサージを受けて癒されたい(予約はいりません)

②看病の愚痴や話しを聞いてほしい(要予約)

③看病について相談したい(要予約)

④電話で話したり、相談がしたい(要予約)

 

電話相談の詳しくはこちらから>>

 

ご予約はこちらから>>

 

 

代表 酒井が本を出版しました。

『がん患者の家族を救う55のQ&A』

 

■がん患者さんではなく、看病をする「家族」に焦点をあてた本です。

患者と同じくらい大変なのが、看病をする家族。本書では、心の中で悲鳴を上げているがん患者の家族に向けて、その悩みや苦労に「Q&A」方式でお答えしています。

 

■出版社 コミュニティパブリッシング ISN株式会社

 

■販売先 Amazon ・ 大型書店 ・ 公式サイト

 

公式サイトでは、試し読みもできますので、気軽にご覧ください。
≪がん家族55 公式サイト≫

http://community-publishing.net/gankazoku/

 

 

≪Amazon での購入はコチラ≫

 

 

[東京開催]がん家族。講演会の参加者募集しています


がん家族の専門の 講演会 のご案内

講題 「がん家族。」 
~がんと生活とお金の話~


① 家族が癌になったときの生活の守り方
② 万が一の時に起こるお金の問題を解決する手段



【詳細】
日時:12月10日 ~終了しました~

14:30~16:30
定員数: 30名

参加費: 無料

場所:〒150-0001 東京都渋谷区 神宮前6丁目19−21
ホルツ細川4階
(渋谷駅A13出口から原宿方面へと徒歩5分)
 
 

 
 
【講師】
■がん家族看病がサポート協会代表 
がん家族セラピスト
酒井たえこ


■保険代理店ワースホワイル代表  齊藤美樹氏


〜〜〜〜〜〜〜
「わたしが がん家族だったとき」

家族が がんになった時
気持ちが不安でたまりませんでした。
生活のことが不安でした。
お金のことが不安でした。

治療以外のことで不安になるなんて情けないと思い、また落ち込みました。

でも、がんは生活だとわかった時、私は働き、保険に頼ることでお金の問題を解決しました。

すると、一つ一つの重荷が解けていくように家族との時間も作れていったのです。

がんと生活とお金は切っても切れない深い関係があります。

だから、「がんと生活」のことや「生活とお金のこと」をみなさまに知っていただきたいと思いました。

みなさまの顔を見ておはなしさせていただけるのを楽しみにしています。


がん家族セラピスト
酒井たえこ

 協力:クラウドファンディングで支援して下さった全国の方々


注意: 今回は大人の集まりという主旨なので、お子様の参加はご遠慮くださいますようお願いいたします。

注意: 酒井は医師ではない為がんの治療法などのご相談は伺えません。


🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀
 終了いたしました
  🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀

 

ブログを更新しました


タイトル「もし妻ががんになったら」

タイトル「医師・看護師さんとの垣根」

タイトル「言葉のお守り」

 タイトル「週刊現代」

 

 

もし妻ががんになったらご主人はどうされますか?
「乳がん」「子宮がん」という女性がなりやすいがんの発症が増えてきて、ご主人が妻の看病を担うことになるパターンをよく見かけるようになってきました。

この時のご主人の本音は?

男性が看病を担う時のアドバイス

などをブログに書かれていますので、ぜひご覧ください。

 

マスコミ掲載


↑大阪日日新聞に掲載されました。

世界webニュース「ハフポス」に紹介されました。

代表 酒井たえこが「がん家族セラピスト」として、ハフポスト日本版に紹介されました。

がん家族は。患者が一番辛いと思い、自分の辛さについては我慢をしています。
でも、我慢をしていていいんですか?
そのような内容で丁寧に書かれていますので、続きをぜひごらんくださいませ。

【ラジオ出演歴】

  • ソラニワラジオ「畑中ふうRadio Haafuu」に出演
  • FMちゃお「ハッピークレヨン」に出演
  • ABCラジオ「武田和歌子のピタッと」に出演
  • ABCラジオ「ドッキリハッキリ!三代澤康司です」に出演
  • 「渋谷のラジオ」に出演

メディアコンテンツ


【がん患者さんの看病をしている人のサポートブログ】

Youtubeに掲載!看病している人がカンタンにできるハンドマサージ

J:COMかわちTV 「デイリーニュース」に
がん家族セラピスト 第2・第4金曜日出演中